秘密基地のバラ栽培                              KITAHO's Rose Collection  
          
Rosa odrata ロサ・オドラータ    Species (原種)インディカ節  1810年紹介

 コウシンバラ(ロサ・シネンシス)とロサ・ギガンテアの自然交雑種と考えられています。

また、中国で栽培されていた『香水月季』と言うバラと言う見方もあります。このバラの花は茶の若葉の香りがあり、ティーローズとも呼ばれています。

 ロサオドラータは四季咲き性、芳香に優れ、育種親として、中国からヨーロッパに導入されたバラで、現代バラ(ティーローズ)の元となった4種のバラの一つに上げられます。



すらりと伸びた枝にたくさんの花が咲きます。
咲き始めはピンクで次第に白になります。


 
 


   
inserted by FC2 system