秘密基地のバラ栽培                              KITAHO's Rose Collection  
          
トキンバラ Rubus rosifolius      Species (原種)バラ科キイチゴ属

■バラ科キイチゴ属の落葉低木。
 別名:ルブス コマーソニー(Rubus commersonii)

 日本ではボタンイバラとも言いい、中国南西部原産で、宝永年間(1700年代初め)に日本に入ってきました。
 生育適温は-20〜40度と、耐寒耐暑性に優れ、とても栽培しやすいですね。

4cm〜5cmぐらいの小さな花は、ライトグリーンの色合いを見せ、柔らかいフリルのような花弁は、その中に埋もれたくなりそうです。

また、この花には雌しべも雄しべもありませんので、結実はしなく、もちろんローズヒップのような楽しみがありません。

 楽しむことのできるのは開花時だけです。
しかし、寒さがやってくる頃には美しい紅葉も楽しめそうです。

 増殖は地下茎で増えますので、植え場所をよく考えておきませんと、後々困ったことになります。

 【疑問点】
 自然界で、このような増殖をしていく植物が、あちこち生育することができるのでしょうか?

実が付くならば、鳥によって、あるいは風に飛ばされ、生育地がいくつもできるのですが・・・・ね。
不思議です。
 


   
inserted by FC2 system