秘密基地のバラ栽培                              KITAHO's Rose Collection  
          
ロサ ロクスブルギー ノルマリス  (十六夜バラ)      Rosa roxburghii normalis            原種 Species  ミクロフュラ節 (プラティロドン亜属)        

  


 別名:十六夜バラ 
     チェスナット・ローズ
     Chestnut Rose(栗の実バラ)
『栗のバラ』という名前は
ツボミとヒップの形からついたのでしょう 。頷けます。

 原産地:中国南西部 四川省

八重の十六夜バラ(Rosa roxburgii Tratt. var. plena Regel )は、1820年、中国・広東のガーデンで、Dr.ロクスバーラが発見し、カルカッタの植物園を経由し、イギリスに運ばれたと言います。

 また、イザヨイバラの一重はサンショウバラ R.hirtula の変種 var.glabra とすることがあります。

 十六夜バラの花は、まん丸でなく花の一部がちょっと欠けます。 十五夜の翌日の十六夜の月は ちょっと欠けるというところに、ひっかけた洒落た名前なのです。

 この十六夜バラは、長い間原種と考えられていましたが『サンショウバラとコウシンバラの交雑種』という考えに落ち着いたそうです。

 
 ■こちらが八重咲き種↓
   
inserted by FC2 system