N0.985                  KITAHOのひとりごと  09/10-2016

    PINARELLO PRINCEのサドルをASTUTEへ替える。

   
   
■ASTUTE  SKYLITE VT(160g) 




 ロードバイクに、おきまりのお尻の痛くなる症状。

 確かにママチャリのようなふかふかのサドルではなく、小さな硬いサドルが付いています。

 私など30km付近から、もう局所中心に痛みが走ります。
耐えられないほどの痛みではないですが、苦痛です。

 どうして、こんなにも難点の多いサドルが付いているのだろうと、思えてきます。

 人それぞれのお尻の形にあったサドルを作れないのはわかりますが、どうもいけませんね。

 PINARELLO PRINCEには完成車としてフィジークARIOE R7という硬めの小さなサドルが付いています。

 私にはこれが合わないのです。
 
 いろいろな方たちが『サドル沼』と表現をされています。

それほど皆さんも悩まれるパーツの一つなんですね。
何セットも、何セットも変えてしまうらしいです。

 今回のサドルは・・・・イタリア発 2013年設立のアスチュート(ASTUTE)というメーカーのもの。

 特殊ナイロン製ベースにカーボンレールを組合せたモデル
で、レールは高い強度と軽さを兼ね備える中空カーボン製です。カーボンの効果に期待したいところですが・・・。

 ベースの接続部分には『SPAS(Shock Pad Absorber System)』と名付けられた赤いパッドも装着されています。
 歴史こそ浅いメーカーですが、イタリアの製造職人を集め、作りの丁寧な高品質のサドルを作り出している拘りの会社ですね。

 まだまだ長い距離を走ってはいませんが、乗った拍子にわかる・・・『硬く平べったい感触』それが、コンフォートまではいきませんが、前のサドルより明らかに具合が良いのです。

 カーボンレールと共にSPAS(Shock Pad Absorber System)のお陰か、振動も吸収してくれているようです。
 
 値段も考えさせられるものですが、費用対効果は、まぁ納得できるレベルですので、しばらくは使ってみたいですね。


 


  ※画像のクリックで、大きな画像を
       見ることができます。


 ■完成車に付いていたサドル・フィジーク
     Fizik ARIONE R7
 ■こちらが新しく取り付ける
  イタリア発 ASTUTE SKYLITE VT
■カーボンレールが目を惹きます。
 ■カーボンレール取り付け部の強化もしっかりしてます。
赤いSPAS(Shock Pad Absorber System)も装着されています。


   
KITAHOのHitorigotoコメント等・・メッセージがありましたら、どうぞお使いください。 
 BMW/X3 八ヶ岳南麓・秘密基地のバナーです。
inserted by FC2 system