N0.984                  KITAHOのひとりごと  08/12-2016

    ノートPCのハードディスク交換にチャレンジ。

   
   
■NEC Lavie LL750/RSBがリフレッシュできました。

 
  意外にも早く異音の出てきたノートPC
 (NEC Lavie LL750/RSB)

 ゴトゴトとうなり声を上げているようです。
 ハードディスクがクラッシュ寸前と言うことですね。

 困ったことになりました。

 このノートのスペックはまだまだ充分に使えるもので、
 ---------------------------------------------------
  液晶サイズ 15.6 インチ
  CPU Core i7 4700MQ(Haswell) 2.4GHz/4コア

  ストレージ容量
  1TB SSHD(HDD+NAND型フラッシュメモリ )

  メモリ容量 8GB
 ---------------------------------------------------

 ここで、HDDクラッシュと同時に廃棄とするにはもったいないです。

 HDDを新品に交換し、Lavieをフレッシュアップしたいところです。

 しかし、システムデーターを再インストール、データーを引っ越しとなると、もうとんでもないくらいの時間と労力を使うはずです。一大決心が必要です。

 そんな躊躇(ちゅうちょ)している時に、おもしろいお助け機器を見つけました。

 内蔵ハードディスクの、そっくりClone(クーロン)を作れてしまうと言うしろものです。

 今あるハードディスクは異音こそしているものの、まだ完動していますので、そのコピーをそっくり取ってしまえばいいことです。

 OSがWindows10にアップグレードしていますので、その対応が心配ですが、これもダメ元で、やってみても良いかもと言うチャレンジ心がフツフツと沸き上がってきました。
 早速、ネット通販で『KURO-DACHI/CLONE/U3』を手に入れ、NEC Lavie LL750/RSBから内蔵ハードディスクを取り出し、クーロンの作成です。

 ハードディスクの容量が1Tありますので、クーロン作成も結構な時間がかかると思いましたが、意外にも早く(8時半から始め、12時前には完了していました。)3時間半です。さすが・・・USB3.0対応です。

 出来たクーロンHDDをビビりながら、Lavieに換装し、電源ON。

 BIOS(バイオス)が動きだし、しばらく、ノート側でクーロンHDDの認識に手間取り、ドキドキしましたが、Windows10も立ち上がってきました。

 やりましたね。
いとも簡単に、ハードディスク交換ができました。

 データーも何の不具合もありません。
まったくのCloneが出来たのですね。

 Lavie LL750/RSBも以前よりも、すっきりと動くようになり、良いことずくめです。

 よかっったぁ・・・
 


  ※画像のクリックで、大きな画像を
       見ることができます。


 ■ノートPCからHDDを取り出します。
 ■画像の左 交換する東芝 MQ02ABD100H
 NAND型フラッシュメモリタイプ 8 GB
 バッファサイズ 64 MiB  1TB  9.5mm
 Serial ATA 3.0     5400 rpm

 画像の右 異音の出てきたHDD Seagate
 Laptop SSHD           1TB 9.5mm 
 ■玄人志向のHDDのCloneを作り出す機器
 KURO-DACHI/CLONE/U3
 ■いとも簡単にClone が作れましたよ。

   
KITAHOのHitorigotoコメント等・・メッセージがありましたら、どうぞお使いください。 
 BMW/X3 八ヶ岳南麓・秘密基地のバナーです。
inserted by FC2 system