N0.969                   KITAHOのひとりごと  04/13-2015

    小さな喜び、シラネアオイの栽培成功。

   
   
■シラネアオイが花を付けました。


 日本一晴天率の良い、八ヶ岳南麓地帯。

 そこに秘密基地はありますが、晴天率が良いと言うことは、山野草栽培にとって、乾燥地帯に置かれるということで、最悪な栽培環境と言うことになります。

 家の建設時に、かなりの雑木を伐採しました。
 それでも、お目当ての雑木を何本か残し、木漏れ日が当たるように山野草の栽培エリアを工夫したのですが、雨が降らないために、乾燥が激しいのです。

 そんなエリアでの山野草栽培。無謀とも思えるチャレンジです。

 シラネアオイの栽培です。

 あの淡い藤色に憧れ、何とかして秘密基地で、地植えのシラネアオイから花を見たい。そんな思いが何年も前からありました。

 植木屋さんが、秘密基地にアズマシャクナゲを植え込む際、大量のピートモスを庭に入れて、土壌改良をしていました。

 それはびっくりするほどの量です。
やはり、植物栽培は土作りからなのです。

 そこで、シラネアオイの栽培の試行錯誤。

 まずは、アズマシャクナゲのとなりに硬質鹿沼土+腐葉土(たくさん)+赤玉土で、今まであった土と入れ替えました。

 こだわりは、沢山の腐葉土と、雨降りの際、雨樋(あまどい)から流れ出る雨水の利用です。
 シラネアオイの植え込むあたりに流れるようにし、腐葉土に吸水させることを目論みました。

 昨年4月、シラネアオイ2株をその場所に植え込み、今年4月、あの乾燥にも耐え、大きな藤色をした花を立ち上げてくれました。

 3年目の春を目指し、今年は10株のシラネアオイをその隣に植え込みました。

 もちろん、腐葉土をさらにすき込む予定です。保湿が肝心要のようですから。

 来年の開花にワクワクします。



  画像のクリックで大きな画像が見られます。↓

 ■花を立ち上げたシラネアオイ
 ■同じ場所に・・・
もう10株のシラネアオイ。
何とか育ってほしいです。


   
KITAHOのHitorigotoコメント等・・メッセージがありましたら、どうぞお使いください。 
 BMW/X3 八ヶ岳南麓・秘密基地のバナーです。
inserted by FC2 system