N0.957                   KITAHOのひとりごと  12/14-2014

    冬枯れの庭を飾ります。・・・玉アジサイの萼(がく)の美しさ。

   
   
■計算された幾何学模様のようですね。


 玉アジサイが魅せてくれます。

 すっかり冬枯れの庭とかした秘密基地の庭。まったく花らしきものは見当たりませんが、玉アジサイだけは違っています。

 萼(がく)の部分が、あたかも花びら(花弁)のように美しく魅せています。

 特に、夕陽に透かしてみる花弁(萼の部分)が、オ-バ-ラップし、クロスの模様として浮かび上がります。

 これが何とも計算された美しさのように思えて仕方ありません。

 萼の葉脈の部分さえ、そう見えるのですから、素敵な花を演出ですね。

 この玉アジサイは近くの雑木林から枝を頂き、挿し木したもので、3年目となります。大きく成長し、7月の下旬から8月にかけて綺麗な白色と藤色を見せてくれます。

 秘密基地では、梅雨時の6月の山アジサイからバトンタッチで玉アジサイが咲き誇り、豪華な山野草のショウ-が始まるのです。

 そして、最終回として、この萼の演出で、秘密基地の花のショ-は終わりを告げるのです。


  画像のクリックで大きな画像が見られます。↓



   
KITAHOのHitorigotoコメント等・・メッセージがありましたら、どうぞお使いください。 
 BMW/X3 八ヶ岳南麓・秘密基地のバナーです。
inserted by FC2 system