N0.948                   KITAHOのひとりごと  11/12-2014

    ナンバンハコベって、知っていますか?

   
   
■この造形美がいいんですよね。


 今までナンバンハコベって、見たことも、聞いたこともなかった植物です。

 秘密基地の畑を整理し、宿儺かぼちゃの残骸や、ハヤトウリの棚の後始末で、出たゴミを畑の隅に運んだ際、今まで見たことのない小さな花を見つけました。

 別に色が綺麗というわけではなく、その造形美に目を奪われたのです。
 
 しべが跳ね上がり、花弁の隙間が何ともいえないくらいに、白くて細い5弁の花弁を引き立てています。

 その花弁も跳ね上げた格好を見せ、形よいです。(私の好みかも??)

 小さな花は1.5cm位ですので、見逃してしまうほどのつる性の植物。たぶん、今まで見過ごしてきたことなんでしょう。

 ナンバンハコベという名前を持つのですが、帰化植物というのではなく、れっきとした在来種とのこと。

 ますます愛おしくなってしまいます。

 刈り払い機で、無造作に刈り取らなくてよかったです。たまたま、刈り残しの雑草に紛れ、開花にこぎ着けたようです。

 ここの土地には、イチリンソウを初めとし、自生種のものを大切に保存、避難先として活用していますが、この先どうなることでしょうか?

 30年ぐらいは安心ということなのですが・・・・。



  画像のクリックで大きな画像が見られます。↓


 ■萼が残り、実を守っているようです。
 
【参 考】
ナンバンハコベ(ナデシコ科)
  学名:Cucubalus baccifer var. japonicus 日本の在来種
別名: ツルセンノウ(蔓仙翁)

   
KITAHOのHitorigotoコメント等・・メッセージがありましたら、どうぞお使いください。 
 BMW/X3 八ヶ岳南麓・秘密基地のバナーです。
inserted by FC2 system