N0.908                     KITAHOのひとりごと  07/05-2014

    恥ずかしいのですか? 顔を隠す原種ラン。
 
   
   
     ■Coelogyne speciosa    



 顔をまともに見せない東南アジアの原種ランが開花してきました。

 Coelogyne speciosa(セロジネ スペシオサ)と言って、高い木に着生しています。

 ランは虫によって受粉が完成するという虫媒花ですので、虫が着陸するリップと呼ばれる所は大きく魅力的な色合いや形状をしています。

 このセロジネも前面に見える白色とチョコレート色を見せるところがリップと呼ばれるところです。

 やはり虫を誘うその場所はしっかりと見えますが受粉をする場所はあたかもトンネルを這っていくような所です。

 もっと、もっと合理的な形にするといいのでしょうが、わかりません。

 こんなことを考えているときが、面白いのですよね。これこそが好奇心を誘う時間(とき)です。

 で、このようなランが話の種となるのです。

 私はこのリップの渋い彩りが大好きで、数々あった原種ランの中でも、大事にしているランの一つなんです。

 しかし、どうして恥ずかしそうに花を咲かすのでしょうかね?


  画像のクリックで大きな画像が見られます。↓

 ■チョコレート色と白いリップ

   
KITAHOのHitorigotoコメント等・・メッセージがありましたら、どうぞお使いください。 
 BMW/X3 八ヶ岳南麓・秘密基地のバナーです。
inserted by FC2 system