N0.905                     KITAHOのひとりごと  06/29-2014

    原種ランに付いた雫(しずく)は宝石です。
 
   
   
■東南アジアの原種ラン・Cleisostoma.complicatum





 タイ・バンコクのT-Orchidより持ち帰った東南アジアの原種ランが可愛い花を見せてくれています。

 温室内のランを秘密基地建設以来、整理をしていますが、このランは特別扱い。家族にも人気があり、どうしても手放せません。

 ほんの小さな(1cmほどの)花を連続的に5~6輪ほど付け、その形の可愛いこと。

 まるで、丹頂鶴が飛翔(とんでいる)ように見えませんか?

 ちゃんと目があり、くちばしがあり、羽だってあるんですから・・・ね。(*^_^*)

 昨夜からの雨で、相当の量の雨粒が打ち付けられたようで、リップと言われる、藤色の下にできた雫が陽に輝いて、まるで宝石にようです。

 手持ちで撮影したのですが、小さすぎ画像がブレブレ。

 家に入って、三脚を持って来るのが面倒なので、近くにあった角材を利用して一脚。何とか撮りました。

 本当はもっと真剣に撮影しなければ、御ラン様に申し訳ないです・・・ね。




  画像のクリックで大きな画像が見られます。↓



   
KITAHOのHitorigotoコメント等・・メッセージがありましたら、どうぞお使いください。 
 BMW/X3 八ヶ岳南麓・秘密基地のバナーです。
inserted by FC2 system