N0.903                     KITAHOのひとりごと  06/27-2014

    温室内が、くさやのような臭いにむせ返ります。
 
   
   
■Cirr.longiflorum ' Tokyo '




 こんな花が今年は6輪開花しました。

 いえ、いえ、小さな花が10個ほど集まり1輪の花を形成していますので、60輪の開花となります。

 この花は洋蘭の原種でシルホペタラム(Cirr.longiflorum ' Tokyo ')と言って、熱帯アジア中心にニューギニアなどに、たくさんの種類があります。

 派手な花ではありませんが、素朴で奇妙な形が愛着の元です。

 しかし、悪臭が、もうすごいのです。それでも、話の種として、温室内ではVIP待遇すらありませんが、居場所を与えられ、元気いっぱいに育っています。

 今年は今まで以上に成長がよく、たくさんの花をつけましたので、気温30℃を超す温室内ではむせ返るような臭いが立ちこめています。

 温室内では昼夜を問わず、いろいろ作業をしていますので、時間を忘れるほど中にいます。

 この花が開花しますと、その話が一転し、ほとんど長居しなくなります。

なんと言っても、魚の開きのような臭い、くさやの臭いといった方が当を得ているようです。

 この臭(くさ)いニオイすらなければ、こんな面白いランはないのですが・・・。

 温室内に入るのはもうしばらくかかりそうです・・・ね。

 




  画像のクリックで大きな画像が見られます。↓


   
KITAHOのHitorigotoコメント等・・メッセージがありましたら、どうぞお使いください。 
 BMW/X3 八ヶ岳南麓・秘密基地のバナーです。
inserted by FC2 system