N0.897                     KITAHOのひとりごと  06/18-2014

    魅惑の山アジサイ・・・紅の変化。

 
   
   
■山アジサイ 紅(くれない)




 梅雨時と言えば、アジサイ。

 小雨に濡れた花弁(萼)の美しいこと、この上もありません。

 特に、山アジサイの素朴な中に、はっとするような美しさを秘めるものは素敵です。

 山アジサイの中でも、『紅・くれない』は何ともいえない美しさを見せます。

 花弁に見えるのは萼なのですが、その萼の変化(へんげ)が素敵で、毎日、魅せます。

 まず白から薄ピンク、そして濃ピンク、最後には深紅の姿をさりげなく見せ、花の命を全うします。

 私が秘密基地に持ち込んだ4年ほど前は、園芸店などには、小さな苗どころか、姿も滅多に見られない希少なものでした。

 ようやく手に入れ、今は本当に大きく成長し、毎年安心して姿を見ることができるようになりました。

 アジサイの七変化(へんげ)とはよく言ったもので、毎日色が変わりますので、見飽きません。

 今日は深紅の一歩手前なのですが、お気に入りの一枚が上のものです。

 明日の色合いも、楽しみですね。


 画像のクリックで大きな画像が見られます。↓

 ■山アジサイ ’紅 ’の変化

   
KITAHOのHitorigotoコメント等・・メッセージがありましたら、どうぞお使いください。 
 BMW/X3 八ヶ岳南麓・秘密基地のバナーです。
inserted by FC2 system