N0.869                       KITAHOのひとりごと  05/03-2014


 タンポポの小宇宙はなんと素敵なことか。


■タンポポの綿毛です。



 河原の土手には黄色のタンポポの姿が、見えなくなりました。

 代わって、柔らかそうな綿毛をまとった姿が目に付くようになりました。種飛ばしの時期なのでしょう。

 なにげに眺めていたこの綿毛。

 とっても素敵な小宇宙を形作っています。綿毛と言うより、繊細な糸で織り込まれたような小手毬です。
 
 あたかも計算し尽くされた形状のようで、幾何学的な模様が出現します。その美しさはマジマジと眺めることにより、理解できるものなのでしょう・・・ね。

 好きですねぇ。このような世界。

 黄色のタンポポの姿も良いものなのですが、花の終わった綿毛の時期の、魅力は外せません。

 柔らかな水平光線の夕陽にスポットライトを浴びた綿毛の魅力にはまりました。


★画像のクリックで大きな画像が出ます。↓

   
KITAHOのHitorigotoコメント等・・メッセージがありましたら、どうぞお使いください。 
 BMW/X3 八ヶ岳南麓・秘密基地のバナーです。
inserted by FC2 system