N0.835                         KITAHOのひとりごと  03/21-2014



 いよいよ春、八ヶ岳ブルーともお別れですね。






 誰が言い出したものなのか、詳細は不明なのですが、八ヶ岳の冬、何とも言えないブルーの色合いが素敵な空が現れます。

 高度、5~6000mぐらいから現れる紫がかったブルー・・・バイオレットブルーの空ですね。12月・1月・2月の八ヶ岳の空は『八ヶ岳ブルー』と呼ばれています。
 その八ヶ岳ブルーの空がなくなってきています。ここ数日の暖かな陽気で春霞さえ出るようになりましたので、ライトブルーの空と変貌しています。

 このライトブルーの空は南アルプス・甲斐駒ヶ岳の空と似ています。ライトブルーの空も素敵ですが、なんと言ってもバイオレットブルーは格別な色合いゆえ、素敵さは半端なものではありません。

 どうして、こんなにも濃いブルーが現れるのか? どうして、八ヶ岳の空に現れるのか? 不思議と言えば、不思議なものです。

 決してデジカメの画像処理エンジンの影響ではありませんよ。

 左の2枚の画像を比べてみてください。もちろん、空だけですから・・・。
 




画像のクリックで大きな画像が見られます。
 

■1月23日 清泉寮からの八ヶ岳の空
 まさに『八ヶ岳ブルー』です。
■3月19日、谷戸城址より春霞の八ヶ岳

   
KITAHOのHitorigotoコメント等・・メッセージがありましたら、どうぞお使いください。 
 BMW/X3 八ヶ岳南麓・秘密基地のバナーです。
inserted by FC2 system