N0.814                         KITAHOのひとりごと  02/21-2014



 種の発芽から2年目、エーデルワイスに新芽が。


 




 植物を種から育てる喜びは格別です。(Hitorigoto No.627

 特に、山野草の栽培が難しいと言われるものの種から育てる喜びは人に話したくなるほどの嬉しさがあります。

 昨年、清里の友人、山栗さんご夫婦のドイツの旅からのお土産に頂いた『エーデルワイスの種』から育てる苗作りにチャレンジしました。

 エーデルワイスは高地産の山野草ゆえ、夏の暑さを嫌い、横浜では上手に栽培できません。

 まして、秘密基地で種を蒔き、発芽させるという管理も出来ません。

 なんとか横浜で涼しいところを見つけ、そんな難題を克服しようと、頑張り、種まきをし、苗を育ててきました。

 その苗の栽培も2年目を迎え、今年の開花が望めるほどになりました。暖かな温室内では早々と新芽が顔を出し、開花の期待が高まります。

 まさに産毛、柔らかそうな白い毛に覆われた、萌黄色をした新芽が見えます。この瞬間のわくわく感は大好きです・・・ね。

 今年はなんとしても開花に辿り着きたいですね。
通常、種から発芽・・・2年目に開花を迎えるはずですから・・・順調にいけばです。

 温室内は春が始まって来ました。

 



画像のクリックで、大きな画像が見られます。

■ 昨年、5月2日の発芽状態
■07/02-2013 元気に大きくなって。
■そして・・・今年の新芽

   
KITAHOのHitorigotoコメント等・・メッセージがありましたら、どうぞお使いください。 
 BMW/X3 八ヶ岳南麓・秘密基地のバナーです。
inserted by FC2 system