N0.807                         KITAHOのひとりごと  02/10-2014



 暖かな温室内ではお気に入りの花が元気です。




 関東地域に猛烈な大雪を降らせた低気圧も去り、昨日はご近所総出で、雪かきをしました。

 横浜の家の周りでは高齢化が、やはり進み、雪かきもままならない状態ですので、主力選手は私とお隣さん二人です。
 朝、8時30分頃から始め、11時過ぎまで頑張りました。ちょっと、頑張りすぎたせいか、今朝は筋肉痛が出始めています。そんなことで、朝から馬鹿にされています。
 
 家の小さな庭にはまだまだたくさんの雪がありますが、温室内に入れば、ポカポカで良い気持ちです。

 温室内の洋ランは秘密基地建設以来、徐々に整理し始めました。と、いうのも秘密基地に1ヶ月の半分ほど入っていますと、水遣り等の管理がままならないことなど、手入れがおろそかになれば、必然的に洋ランの調子が悪くなるはずです。

 それは大好きな洋ランにとって不幸なことですよね。

 340種ほどあった洋ランも友人達に差し上げ、今はお気に入りの50種ほどに数を減らしています。それも、最高気温10℃に絶えられるもの。(通常は16℃管理にしていました。)

 配管給湯システムの温度管理をしていますので、その温度管理も難しいのです。残念ですが、究極の決断をしました。

 今は、原種バラの栽培へとシフトしています。

 そんな悲しい環境で、東南アアジアのパフィオペディラムという洋ランが元気な姿を見せてくれています。

 パフィオペディラムでは珍しい、グリーンの花で
 『トミーヘインズ アルセア Paph Tomyhanes Althea』と言います。

 私の一番のお気に入りのもので、もう何年も栽培し、株分けもし、仲間達にお裾分けしているランです。

 色調も穏やかなランですので、家族にとっても評判がよく、温室内ではお嬢様扱いとなっています。

 栽培も容易ですので、このランをこれからどうするのか、悩むところです。
 








画像のクリックで、大きな画像が見られます。

■Paph Tomyhanes Althea

   
KITAHOのHitorigotoコメント等・・メッセージがありましたら、どうぞお使いください。 
 BMW/X3 八ヶ岳南麓・秘密基地のバナーです。
inserted by FC2 system