F25 X3 20d のメンテナンス記録です。

X3の整備記録です。
壊れる前に整備するというのが私のスタンス。




お気に入りの画像集です。







 八ヶ岳南麓・秘密基地での里山生活の紹介です。         


 □□ 
X3インテリア関係(7)
X3エクステリア関係(8)
その他 (5)










フロントエンブレムを2002用のエンブレムに交換

■2002用のエンブレムはオール金属。

 現行のものより立体感があり、知る人は知るとても重厚なものです。重さがずっしりと来ますね。
AC SCHNITZERエンブレム(前・後)




■KITAHOのM3からの流用です。
古いエンブレム(下)はリアへ。
古いものは、ほとんど入手不可能ですよね。
大切にしたいです。

新しいロゴのもの(上)はキドニーグリル内へ。

■BMW M Performance Partsより
 カーボン シフト ノブ

 カーボンと///Mロゴが付くだけで、雰囲気がガラっと変わります。

 純正で付いていたものが下の画像にありますので比べてみますと一目瞭然ですね。

カーボンシフトレバーは・・・

BMW F10 5シリーズ用のM Performance カーボン・セレクター・レバー・グリップです。
ちなみに品番は【61 31 2 250 702】
(Blende GWS Knauf, RHD)です。

で、取り付けは・・・

グリップの黒いプラスティック部(表面テープで固定)を剥がし、中の小さなボルト一本を外すとグリップ部が外れ、交換できます。




■X3純正パーツ
 クロームメッキのもの
これはこれで、とても素敵なものですが・・・
かなり繊細なイメージとなっています。
ウッドトリム
■ウッドトリム

 ファイン ライン ウェーブ ウッドトリム
をチョイスしました。
M3のユーカリウッドに似ていますが、ウェーブの縞模様がちょっときつい感じ。

 室内のブラック仕様に違和感がなく、良い感じです。
ウィンカー バルブのブルー バルブへの交換





■ウィンカーバルブをBMW純正ブルーバルブに交換しました。

 最近のはやりのLED化というのもありますが、両サイドがきれいにブルーが覗き、私はこの方が好みです。

 M3のものを流用しようと思っていましたら、ディラーの方が劣化もありますから、新品にしましょうと取り付けていただきました。

 太陽光線に当たると良い感じに透明感のあるブルーが彩りますね。
純正HIDからアルティノン フラッシュ ホワイト
■Ultinon Flash White)6000K D1Sへ交換

 定番の6000Kぐらいのものが一番です。
 M3からの流用は出来ませでしたので、新しく購入しました。

 雨や霧の中でもきれいに照らします。
AC SCHNITZER ATペダル


■AC SCHNITZER ATペダル

 これは定番中の定番。
仕事場で、一人楽しむものですね。
人に見せる。ものではありませんが、これがないと落ち着きません。

 歴代すべてのBMWには付けていました。
ただ、残念なことにフットレスト(右ハンドル用)がまだ出ていなく、ないままの出発です。
BMW KEY CASE

■BMW KEY CASE

 Nicoleから納車お祝いのプレゼントとしていただきました。

 しっかりとしたレザーの作りでツートンカラーです。表も裏も革を使い、長く愛用できそうですね。

 グレ−とレッドの2つをいただきました。
ブラック キドニー グリルからクローム キドニー グリルへ交換
■X3の20dはキドニーグリルがブラックタイプとなります。

 いかにもワルそうで、私は好きになりません。
M3のようにクロームが良いです。
顔つきが変わります・・・ね。

この辺が個性の分かれ道かもしれません。

 《クローム:上 ブラック:下》



■こちらがE46/M3のキドニーグリル。
 このAC SCHNITZERのエンブレを移植しました。
ウィンカーにブルーバルブが見え隠れしますね。
こんなのが好きでした。
BMW motorsport シートベルト パッド

■布製のシートベルトパッドです。
 これもM3で使用していたものなのです。

 既存のベルトに巻き付けるだけのものですが、ベルトに厚みが出来、クッション的なものが入っているため、体にフィットします。

ロゴも気に入っています。BMW Motorsport

レザーシート ネバダ

■M-Sportのシートはまずまずの座り心地です。
 M3と比べますと、ほとんど違和感がないのですが、やはり生粋のMは別物です。

 私にとって、サーキットや峠の攻めなど行いませんので、このシートで充分です。サイドサポートが気持ちよく体を支えてくれます。

 長距離運転も疲れないと思います。
■おしゃれです。

 ブラックのレザーシート ネバダには白のステッチが入ります。

 これもお気に入りのワンポイントですね。

■後部座席
 レッグスペースは余裕です。
これほど広いとは思いませんでした。

 M3からの乗り換えで、家族は大喜びです。

 付録的に、センターコンソールのバックにはエアコンの調整ダイヤルも付いています。これには大いに気をよくしています。

■中央に肘掛けもあり、ドリンクホルダー付きというサービスぶりには驚きます。

 M3の後部座席は単なる肘掛けでしたので・・家族はビックリです。
///Mバッチのお遊び(///M 6からの流用)
■リアのエンブレ
 大きなX3が光ります。

 M6からの流用で///Mバッチを付けていただきました。
これは、左画像のようにX3の斜めのラインの中にすんなり入るのは///M6の///Mなのです。

違和感がないでしょう。
   (*^_^*)
■///M 6 のエンブレ
   から
///M を取り去った残りの6ですね。

  (*^_^*)
アルミ削りだしの Oilfiller Cap

■このオイルフィラーキャップには楽しい思い出がいっぱい詰まっています。

 M3仲間と100個限定でアルミ削りだしのものを製作しました。
何回も試作を重ね、ようやく完成し、作り上げたものです。

X3にも移植です。
なかなか良い感じに収まるでしょう。
ユーロプレート(KTH-M 3003)のお遊び)

■ユーロプレート
 KTH-M 3003はM3で使っていたものです。KTH=KITAHOの意味です。

下のステンレスボルトで取り付けます。錆びなくて、とても具合が良いです。
特殊工具がありませんと、取り外し不可ですね。
iDriveのMusicコレクションに、音楽データをインポート
■iDriveの中のMusicコレクションに音楽データをインポートしてみました。

Musicコレクションの容量は12.5GBありますので2000曲以上は入れることが出来ます。

USB端子はコンソール・ボックス内にありますので、私はデジカメのCFが余っていましたので、それを使って、いくつかフォルダを作り、iTuneから落としました。
■iDriveのMenuからCD/マルチメディア→Musicコレクション→音楽データのインポート/エクスポート

音楽データのインポートで音楽データを取り込みます。
■だいたい720曲(4GB位)で20分ほどで取り込み完了です。

あと、3倍入ることとなりますね。
■CFの中に作ったフォルダ名がしっかりとプレイリストとして、認識していますね。

BMW1-Classic
BMW2-JALジェットストリーム
・・・・
・・・・(*^_^*)
■BMW1-Classicの中には
ちゃんと曲名がディスプレイ上に表示されます。

しばらくはこれで楽しむことが出来ますね。
全部でフォルダは7つほど作成しました。
KARO マット フラクシー ブリリアントレッド
■KARO マットのフラクシータイプを選択しました。
20年以上、KAROマットの愛用です。

色もブリリアントレッド。
今までのBMWは、いずれも内装色がブラックタイプでしたので決まって、レッド色を選択です。

夜間、ライトアップされた室内で、KAROマットは華やかさが一段とアップされ、とても良い感じです。
■後部座席
 足下を照らすライトによりライトアップされ、同乗者も思わず素敵と、お気に入りのマットですね。
BMW DUAL USB CHARGER の設置
■BMW純正 USB充電器ですね。

接続口が二つありますので、余裕です。
シガーライターソケットへ差し込み、車室内でのUSB電源として使えます。

・Output voltage 2×5V DC
・Output current max 1×2.1A 2×1.05A
・Output power max  10.5W

 の規格を持ち、使い勝手が良さそうです。
納車お祝いに頂きました。
携帯やiPodなどの充電に良い感じです。

■純正品は丁寧な作りで、さすが安心感が違います。





【参 考】
【即納】【BMW純正】楽天最安値に挑戦中!BMW アクセサリー BMW デュアル USB チャージャー(全...
■設置して気が付いたのですが、きれいなイルミネーションが点灯します。パイロットランプ? 
室内照明とエントランス(ドア下部)照明のLED化


■BMW INTERIOR LIGHTING PACKAGE LED 
   SET OF 10
(BMW純正 LED 10個セット )

  最近定番となっています室内照明のLED化です。
ただ、すべてを替えた訳ではありません。

 あの暖かみのある暖色系の色合いは捨てがたいです。ですから、足下の4灯(前後2座席ずつ)は残し、室内灯の前(3灯・・・スポットライト含)、後部座席(2灯)ドア下部(エントランス照明4灯)で、計9個使います。

10個のセットですから、1個、予備として保管という具合です。
スタッドレス タイヤの取り付け Blizzak・VRX



■ブリジストン BLIZZAK VRX

 X3−M・sportは 245/50-18のランフラットを履きますので、それに見合ったスタッドレスを履きます。

 ところが、どのタイヤショップを覗いても、もうすでに在庫がなくなっています。ランフラットでなければ 245/50-18が1セットだけ確保が出来るとの情報が舞い込んできました。

 しょうがないので、ランフラットのものではないスタッドレスとしました。パンク時の怖さから、セキュリティとして、パンク修理のための簡易コンプレッサーを積むことにしました。

 VRXはブリジストンが最高傑作と豪語するスタッドレス。ピレリーのロッソを彷彿させる、非対称のブロックパターンを配し、制動力を強めたと言います。

 八ヶ岳界隈で、お手並み拝見といきましょうか。
Eye-Line(アイライン・シルバーカーボン)の取り付け





■M3からの流用
 シルバーカーボンでアイラインを取り付けていましたものをX3用に少し加工しました。

 スモールランプを付けますと、二つの丸い輪っか、エンジェル アイとなるのですが、これがどうも好きになれません。

 何とかして、M3の時のようなデーモン アイにしたく、ちょっと工夫をしました。

 ヘッドライトの光量にも、あまり影響がなく、デーモンアイとなりました。

 一人、悦に入っています。





Copyright(C)  Since March 27 2013 〜
  ■ KITAHO
Allrights reserved

    【連絡先】           
 kitaho*mx6.nns.ne.jp (*を@に変えてください)

Linkフリーですが、Linkの際は、ご連絡頂けますと
とっても嬉しいです。

inserted by FC2 system